新聞は紙がいいのか、ネットがいいのか

紙の書籍は、売り上げが大きく落ちている。書籍の電子化が進んでいる。書籍は、紙で印刷して流通させるのと電子化してダウンロードで販売したりデジタル情報にして扱うのとどちらが良いかという話をしたい。

ネット環境が整っているのならば、電子書籍の方がいいのだろう。ここで言う「良い」というのは、本を書いた作者と本を買う読者にとって「良い」という意味である。これまで本で売られていた価格から、どれだけ安くなるかというと、物としてかかった費用、物として作り上げた費用、そして物として流通させるのにかかった費用がまるまるいらなくなる。もちろん電子化するにも費用はかかるので、電子化がタダというわけではないが、それでも相当な費用がいらなくなる。いったん電子化さえしてしまえば、あとはデジタル情報を保存するところとデジタル情報をダウンロードする環境の維持費用しかかからない。そんな環境はタダみたいな値段だから、実質タダだ。これまで本の価格の大部分を占めていた費用がまるっとなくなる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です