新聞の発達

今でこそ、インターネットに始まる通信機器の発達で、世界のどこかでおきたことが、あっという間に世界をニュースとしてめぐるようになったが、昔はそんなことはとんでもない時代であった。ただ、本来は昔の方が普通のはずだから、今の時代が異常なんだとも言える。

ネットの前はテレビ、ラジオ、電話が主な通信手段だった。書籍もそういう通信機器の意味を持たなくもないけれど、書いてから出版されるまでのタイムラグがありすぎるので、タイムリーな情報発信には向いていない。それはやはり新聞がその役目をおっている。タイムリーな情報といえば、ちょっと前までは新聞であった。大人は毎朝新聞を読むのが普通だったし、新聞のない社会とか考えにくい。今でも新聞がそういう役割を持っているが、最近はネットに押され気味である。
新聞は文字で配信されるのが特徴である。写真もつく。いつの頃からか、カラー写真も普通に新聞に載るようになった。ただ、文字による文章が中心なのは間違いない。日本は識字率が高いから、余計に新聞は広まりやすいのであった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です